タイヤ交換

f0008871_2211711.jpg

先日、限界まで使用したタイヤの交換日和となりましたので、このネタUPです^^;
↑の画像の通り、使いこなしました。
ココまで使いこなせばタイヤも納得でしょうか?
今まで使っていた「ブリジストン・GR-7000」は硬化しまくりガタガタでした・・・。
今回はGR-8000に交換です。

All Photo:vodafone/V603SH



f0008871_119653.jpg
↑タイヤ外して、足回りの具合チェックです・・・。
(画像左:リア側)目視では異常無さそうでした・・・。
(画像右:フロント側)アッパーアームのブッシュがヤバ目でした。他は目視で異常なし・・。
f0008871_1192636.jpg
←GR-8000に交換後の画像。

今回でw140号は4本目のタイヤ交換になりました。
w140購入時は新車装着のミシュランMXV4が減り気味だったので、ミシュランパイロットHX MXMを入れました。
元々車に社外ビルシュタインの硬めのショックが入っていたので、さらにタイヤ自体が硬いモノでしたので、・・・結果、相性が悪くて、カチカチ・・・。
でも街乗りを除けば、高速などでは最高のパフォーマンスを出してくれました!
こいつのタイヤ剛性&耐摩耗性は素晴らしかった記憶があります!
次にダンロップのSPスポーツ9000を入れました。
換えたとたん、パイロットとは全く違う柔らかい感じになりました。
街乗りでは快適!高速では馴れてしまえば問題ない範囲内で楽しめました。
腰砕けの無い柔らかさだったと記憶しています。
でもパイロットに比べて、タイヤの減りはちょっと激しかったかな・・・。

次はブリジストンのGR-7000です。
実はコレ、少しだけ履いていた「セルシオ」からのお下がりを頂きました~!って・・・
この頃は海外への出張が相次ぎ、車に乗っていられない状況が続きました。
そんな中、新しいタイヤ入れても乗らなければ痛むのでは~(ヒヒ・・・貧乏性)と勝手に思い込み、中古のタイヤで凌ぐという事で、この不在時期を乗り切ってみたのです・・・☆

が・・・・しかし、このGR-7000、初めは柔らかくって応答性が無くって・・悪いな~って感じていたのですが・・空気圧を吟味し乗ってみると、とてもバランスの良いタイヤであることが分かりました!

そのまま使い続けて・・・今回の交換までずっとまっとうしました!
そんなんで、このGR-7000が気に入ってしまったので、次のタイヤはこの進化型のGR-8000です。

まだ交換後僅かな状態ですが、GR-8000にして、まず静粛性は素晴らしいの一言!
そしてコーナリングでの応答性、「いくらでも曲がってやるよ!」とタイヤから挑発してきます(笑

全体的の感想は、ややコシがあり、先代GR-7000より硬めの印象はありますが、ふにゃふにゃな印象も無く、カチカチの印象もなくマイルドと言った感じ♪
ステアリングからインフォーメーションが良く伝わり、転がりの良いタイヤです。
f0008871_2292771.jpg
次の交換は20万キロかな~!?
その頃はどうなってるんだろー・・・(大謎
by azure8888 | 2006-10-29 02:06 | Mercedes-Benz/w140
<< 広告撮影 沈む沈むしっかり沈む・・ >>