タイヤトラブル・一本目

f0008871_3132630.jpg
先日深夜、東名高速を快適に走り、間もなく海老名SAというところで、何の前触れも無く突然「バンッッ!!!!!」という激音が車内に響き渡りました・・・・!??
この時は左ドア下、「サッコプレート」辺りに何かが当たったのか・・・それかタイヤか・・・?と、100キロ→80キロに減速し、しばらく走り続けると・・・バタバタバタバタ振動発生。 ・・・ゲ、タイヤじゃん。。
ハイ、高速上で初のパンク体験でした。
海老名SAまであと500mという地点で力尽き、一旦路肩停車。。ドアを開けて、左後輪のパンクが確認出来たは良いけど、直ぐ横を激走するトラックや車達・・・恐いよー!殺される・・・・って勝手に思い、壊れてもいいから、高速道路上から脱出を求めて、自走で路肩徐行開始。

↑なんとかSA内のスタンドまで自走し、急遽応急タイヤに交換してもらいました。
・・その後、無事、目的地着・・☆
海老名SA・コスモ石油スタッフさん、対応ありがと~!

All Photos: SoftBank 923SH



f0008871_3135744.jpg
そんでもって、後日、行きつけのタイヤショップにて、タイヤ交換です。

このタイヤショップさんの社長、僕がとっても信頼している凄腕職人さんで、ホイール&タイヤバランスの仕上げは超最高です!
よって、どんな速度で走っても、ハンドルは指一本で支えるだけ、全くブレず、愛車をまっすぐ完璧に走らせてくれる職人さんです。
(もしかしたら、タイヤその他、車両の状態にもよるかもしれません。)
f0008871_3305527.jpg

↑悲劇のタイヤ。
「これは、前輪で鉄板かボルトを跳ねて、後輪で直撃を受けてパンクしたんだよ・・一発で終わりだね・・・」ってタイヤショップ社長が教えてくれました。
ホイールから外されたタイヤ、くにゃくにゃです。。(泣) でも、スピンなどすること無く、命を掛けて守ってくれました!ありがとー!!
f0008871_2584136.jpg
↑こちらは、応急タイヤ装着時、ミシュランMXV4。
14年前の応急タイヤがこんな時に活躍してくれるとは・・・。メルセデス、この時代のモデルでは、ホイールもテンパー仕様ではないのが素敵!
日頃応急タイヤの空気圧も見ておいて良かった。。MXV4と言う響き&バランス錘もプラスチック製で超懐かしい。
↑フォト右の画像、タイヤハウス内がブロークン・・・。異物を踏み込んだ時に巻き込み破壊してしまった模様。。こんな所まで被害が及ぶとは・・・。後日タイヤハウス交換修理決定です・・・(泣
f0008871_33038.jpg
↑新品タイヤ装着完了。
ブリヂストン・レグノGR-9000です。
前回装着のGR-8000は既に廃盤でした・・・。タイヤは新製品へのサイクルが早いっす!

今回の教訓。
高速道路上でタイヤがパンクしてしまったら、路肩に停車しないこと。
可能な限り、自走でSA・PAもしくはバス停などの広場へ逃げ込む。 タイヤ&ホイール1本壊しても、命取られるよりマシです。

万一路肩で自走不能状態なら、車を置いて、走行上の前方側には逃げず、後方、出来るだけ路面から離れた所で待機。
これは、愛車の前方に居た場合、万一他車に突っ込まれた時、自分の車に轢かれますよ(恐;

ま、一番確実なのは、安全運転で、日頃よりタイヤチェックに気を遣い、何も轢かないで走ってください(笑
by azure8888 | 2008-08-23 03:28 | Mercedes-Benz/w140
<< Kupu Kupu Baron... THREE BEDROOM V... >>